名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

任意整理

ここでは名古屋の弁護士が相談・解決した任意整理に関する事例について紹介しています。

名古屋の任意整理に関する解決事例

任意整理とは、債務整理の手続きの中でも最もよく利用される手続きで、債権者と返済方法や返済額について交渉し、支払い可能な条件での合意を成立させるものです。

500万円の借金を150万円以上減額して債務を整理

Fさんはクレジットカード会社と消費者金融から借入れがあり返済を続けてきましたが、いくら返しても借金が減らないということで相談を受けました。

借金額は約500万円で毎月の返済額が15万円ほど、金利は平均すると20%近くありました。取引期間が長期に渡るため過払い金の可能性があると考え、まず引き直し計算を行いました。

その結果、500万円あった借金を340万円まで減額。さらに利息カットの分割弁済にすることを業者と交渉し和解に至りました。Fさんは定職に就いていましたので、ボーナス払いも組み入れ債務整理後の月々の返済額を5万5,000円(金利なし)まで抑えることができました。

毎月の返済額を見直し協議したことで負担を軽減

Aさんはクレジットカードでの買い物が重なって借金が400万円近くに膨れ上がってしまったため月々の返済が苦しくなって相談にいらっしゃいました。

このケースではキャッシングではなく買い物がメインだったので過払い金による借金の減額は期待できませんでしたが、引き直し計算で2万円ほどは減額できました。後は毎月約15万円ある返済の負担をいかに軽減させるかということになります。

Aさんに毎月いくら返済に充てられるかをお聞きして業者と交渉を開始。協議の結果、最長84回払いと回数は多くなったものの、毎月の返済額は約5万円(金利なし)になったことで、無理なく返済が可能になりました。また着手金や弁護士報酬も分割にして負担を抑えました。

亡くなった兄弟の借金を一括返済

Sさんはお亡くなりになったご兄弟にカード会社からの借金があることがわかったため、返済するためのご相談で来所いただきました。

弟さんの返済の履歴を調べたところ毎月きちんと返済されていて残額が100万円ほどありました。カード会社と交渉をした結果、利息なしで20万円を一括払いすることで合意を得ることができました。

Sさんには他にも相続人がいないか調査することをおすすめしましたが、長男であるSさんが全額支払うことに同意し、無事に解決できました。

任意整理の相談の重要なポイント

借金を抱えている人の多くが選択している、任意整理。他の債務整理よりもデメリットが少ないのが、選ばれる理由です。任意整理の際は代理人が間に入って交渉するので、債権者と直接やりとりすることはありません。

任意整理のメリット

任意整理の一番のメリットは、裁判所を通さないで弁護士や司法書士が賃金業者と交渉するので、周りに知られることがなく手続きができます。負担が重い金利となる将来利息のカットや、個人再生・自己破産のように官報に載る心配もないので安心です。利息を多く払い過ぎていた場合は、臨時収入として受け取ることができます。資格制限や職業制限もないので、問題なく生活することが可能です。

任意整理のデメリット

ブラックリストに載ってしまう5年間程は、カードの利用・新規の借り入れ・ローンを組むなどができません。個人再生手続きや自己破産とは違い、強制的に借金を免除してもらうのは不可能です。賃金業者の中には、交渉に応じない業者も増えているので気をつけるようにしましょう。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

アーク法律事務所

鬼頭洋行弁護士プロフィール

法政大学法学部卒業。2002年司法試験合格後、松田共同法律事務所勤務、日南ひまわり基金法律事務所所長を経て、2008年アーク法律事務所開設。丁寧で分かりやすい説明をモットーに、個人のトラブルから企業法務まで幅広い分野での実績がある。愛知県弁護士会所属。

鬼頭洋行弁護士(アーク法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 徒歩約1分
業務時間 平日/10時00分~20時00分
土日/10時00分~16時30分
ホームページ http://www.ark-law.com/

※任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求といった個人の債務整理に関する事例の解決実績が豊富で、アーク法律事務所の公式ホームページでは手続きの流れから、利用者から寄せられた質問への回答などの役立つ情報も記載されています。

ページの先頭へ