名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

相続税

ここでは弁護士が解決した相続税問題に関する名古屋の事例について紹介しています。

名古屋の相続税トラブルに関する解決事例

高額な相続税が発生する場合の対策はしっかり計画しておく必要があります。相続税にまつわるトラブルをどのように解決したのか、実際の事例をもとに説明します。

相続税節税のための信託設定

Fさんは高齢ですが6億円ほどの不動産を所有しており、夫は亡くなっているためこのままだと長女に何億もの相続税がかかってしまうことを心配して相談にいらっしゃいました。

相続税対策としては長女への生前贈与やマンションを建てるなどが考えられましたが、Fさんはそれほど体調がよくない状況のため、何年もかかる相続税対策が実行できない可能性がありました。

そこで委託者をFさん、受託者が長女、受益者はFさんという信託設定をすることを提案し了承していただきました。

これにより仮にFさんが動けなくなったとしても長女が財産管理ができるため、相続税対策を計画通り進めることが可能になりました。

また委託者と受益者がFさんになっているため、長女に贈与税や不動産所得税も発生することなく進めることができます。

事業承継税制により相続税の納税猶予

Oさんは現在会社を経営しておりオーナーとして全株式を保有していますが、高齢のため長男に後継者になってもらうことを考えていました。

しかし生前贈与では贈与税が高くなり、このまま亡くなってしまうと次男の遺留分により株式が分散してしまう可能性があります。さらに相続税もかかるということで解決を依頼されました。

まず、遺留分については次男と交渉して遺留分放棄の了解を得ることができたため、長男が株式の全てを相続することになります。

相続税の問題については事業承継税制のお話をさせていただきました。これは中小企業の株式が世代間で承継される時に税負担を大きくしないために、株式にかかる相続税や贈与税が納税猶予される制度です。

その結果、当方とOさんの会社とで顧問契約を結ぶことになり、制度を利用する要件を満たしていたため、相続税の80%が納税猶予される手続きを進めることができました。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

ロウタス法律事務所

高橋恭司弁護士プロフィール

一橋大学法学部卒業。日本知的財産権協会東海地区研修講師や椙山女学園大学現代マネジメント学部で知的財産権の非常勤講師の経歴を持つ。著作権や特許権侵害の訴訟において数々の勝訴実績を残している。愛知県弁護士会所属。

高橋恭司弁護士(ロウタス法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市名駅南1-23-17
笹島ビル8F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 徒歩約1分
業務時間 平日/9時00分~20時00分
ホームページ http://www.horitsusodan.jp/index.html

※相続問題に特化した相続専門事務所であるロウタス法律事務所。所属している弁護士は常に相続事件を30件ほど担当しており、経験値の高さは特筆すべきものがあります。

ページの先頭へ