名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

詐欺

ここでは弁護士が解決した詐欺に関する名古屋の相談・事例について紹介しています。

名古屋の詐欺に関する相談・解決事例

弁護士が解決した金銭トラブルの中でも、こちらでは詐欺によるトラブル事例についてまとめています。

出会い系サイトにハマって多額の借金

Fさんから、出会い系サイトにハマってしまいメールをするためのポイントを大量に購入するために200万円以上の借金をしてしまったという相談を受けました。

詳しく話を聞いてみると、出会い系サイトでY子さんとメールのやりとりをして会う約束をしたとたんに連絡がとれなくなったそうです。その後Y子さんは病気で入院したので励ましのメールをして欲しいと医者や友達から連絡が届くようになりました。

Fさんはその話を信じて、Y子さん宛にメールを送り続け、気がついたらそのためのポイント購入代が積み重なり、初めて騙されたのではないかと思うようになったようです。

Fさんにはそれは劇場型の詐欺と考えられ、Y子さんも含め登場する友人や医者もすべてグルの疑いが強いとお話しました。また早急に銀行の口座を凍結してサイト運営会社や決済代行会社と交渉すれば、返金してもらえる可能性があるとアドバイスしました。

店員に囲まれて断れずに高額な着物を購入

Kさんからの相談は、ある日街中で声をかけられ粗品がもらえるということで着物屋に連れて行かれ、複数の店員に囲まれて断りきれずに高額な着物を購入してしまったというものです。

その後も、着物を受け取る度にさらに新しい着物や帯などを買わされ、そんなことを繰り返すうちに購入金額はKさんの年収を超えるほどになってしまったということです。

Kさんに対して、それは販売目的を隠して店舗に誘導する商法で、特定商取引法では訪問販売に該当するためクーリング・オフが可能であることを伝えました。

時間が経ってクーリング・オフの期間が過ぎていると思っても、契約書にその旨がきちんと記載されていなければ期限が過ぎたことにはならないので、クーリング・オフは可能です。

また、過量販売や公序良俗違反により契約を解除できる可能性もあるので、諦めずに解決の方法をいろいろ考えましょうというアドバイスをしました。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

かもめ法律事務所

宮本大祐弁護士プロフィール

早稲田大学法学部卒業。2008年司法試験合格。愛知県弁護士会刑事処遇委員会、全国証券問題研究会、投資被害弁護団などに所属。慰謝料請求や財産分与などの離婚問題を中心に戦略的な事件解決を図ってくれる。愛知県弁護士会所属。

宮本大祐弁護士(かもめ法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区金山1−8−20
シャローナビル7F北側
アクセス JR、名鉄、地下鉄金山駅 徒歩3分
業務時間 平日/9時30分~18時00分
ホームページ http://keijibengoshi.jp/

※限られた時間の中での素早い対応が求められる刑事事件を多く取り扱っているかもめ法律事務所。詐欺などの金銭トラブルの解決実績も豊富。

ページの先頭へ