名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

個人再生

ここでは名古屋の弁護士が相談・解決した個人再生に関する事例について紹介しています。

名古屋の個人再生に関する解決事例

個人再生とは、裁判所に申立てをして民事再生法による再生手続を行うもので、借金の一部を免除してもらい、残りの債務を原則として3年で分割返済する方法です。

高額品のカード購入で返済が困難になり個人再生

Bさんからの相談は住宅ローンの他に複数の高額品のカード購入が嵩んでしまい返済が困難になった(毎月15万円の返済)ため個人再生できないかというものでした。

住宅ローンを除く債務の総額は約1,000万円。この場合再生債権総額が500万円以上1500万円未満になるので最低弁済額は5分の1の200万円です。個人再生で3年で弁済することになると毎月の返済額は5万6,000円くらいになるので、Bさんの家計状況でも何とかなりそうです。

早速個人再生の手続きに入り3年以内での再生計画を立てました。幸い弁済開始までに積立が50万円できていたため初回はこれを弁済に充て、2回目以降は毎月4万5,000円(3年間)という返済内容になり、再生計画案も無事認可されました。

カード会社の多重債務と滞納税金の問題を解決

Mさんは個人事業主ですが不景気で仕事が減ったことと子どもにお金がかかるようになったこと、ケガで仕事ができないなどの事情が重なり、複数のカード会社からの借入れが増えていました。返済が苦しくなり税金も滞納するほどになってしまったため相談にいらっしゃいました。

借金の総額は500万円ほどありましたが、カード会社1社に過払い金があることが判明したため訴訟をして150万円を回収。ここから個人再生の手続きをして滞納している税金も少しずつ支払う計画を立てました。

手続きの結果、確定債権額は450万円で最低弁済額は100万円。これを月々3万円・3年間返済する再生計画が認可されました。そこで回収した過払い金を使って100万円を一括払いにして完済。残っている滞納税金を毎月徐々に支払うだけとなりました。

450万円あった借金を大幅減額して生活苦解消

Cさんは離婚後に一人住まいをするための費用や両親の介護のための借金が450万円ほどあり、毎月の返済額は10万円でした。このままでは生活がままならくなると考えご相談にみえられました。

Cさんは会社員で安定した収入があったため、借金を圧縮して弁済する個人再生をすすめました。納得していただいて個人再生の手続きをしたところ認可決定を得ることができ、借金を100万円に減額することができました。

債務整理後は毎月の返済額が2万5,000円になり、Cさんは生活苦から抜け出すことができました。また弁護士費用も分割支払いにして、負担が少なくなるよう配慮しました。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

アーク法律事務所

鬼頭洋行弁護士プロフィール

法政大学法学部卒業。2002年司法試験合格後、松田共同法律事務所勤務、日南ひまわり基金法律事務所所長を経て、2008年アーク法律事務所開設。丁寧で分かりやすい説明をモットーに、個人のトラブルから企業法務まで幅広い分野での実績がある。愛知県弁護士会所属。

鬼頭洋行弁護士(アーク法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 徒歩約1分
業務時間 平日/10時00分~20時00分
土日/10時00分~16時30分
ホームページ http://www.ark-law.com/

※任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求といった個人の債務整理に関する事例の解決実績が豊富で、アーク法律事務所の公式ホームページでは手続きの流れから、利用者から寄せられた質問への回答などの役立つ情報も記載されています。

ページの先頭へ