名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

慰謝料請求

ここでは不倫や浮気などを理由とした離婚の慰謝料請求に関する名古屋の事例について紹介しています。

離婚時の慰謝料請求に関する解決事例

不倫や浮気が理由である離婚の慰謝料請求について実例を紹介します。

夫の不倫相手に対して慰謝料請求

Kさんは子どもがいるため離婚にはいたっていなかったものの、夫が不倫相手と同居を始め復縁は困難な状況。そこで、相手の女性に慰謝料を請求できないかという相談を受けました。

依頼を受けてからKさんの夫と面談して復縁の可能性を確かめてみましたが、どうしても難しいため、不倫相手に慰謝料請求をすることになりました。

相手の代理人からは当初100万円の回答がありましたが、現在も夫が交際中であるということを理由に200万円を支払うということで合意を得ることができました。

離婚裁判の途中で慰謝料免除で和解

Oさんは妻と別居中に他の女性と交際していましたが、別居5年後に妻から離婚調停を起こされました。

調停では話がまとまらずに裁判となり、妻側から慰謝料200万円と子どもの養育費4万円の請求を受けたため相談に見えられました。

妻側に対しては他の女性との交際は婚姻関係が破綻した後のことなので慰謝料は発生しないと主張しました。

裁判が長引くことも覚悟しましたが、途中で多少妥協してでもとにかく離婚したいという妻側からの提案があり、慰謝料は無しで養育費2万円とすることで和解離婚となりました。

夫とその不倫相手両方に慰謝料請求

夫の浮気が発覚したことにより精神的ダメージを受け、体調不良になってしまったCさんが相談にいらっしゃいました。

具体的には夫と離婚することを前提として、夫及び不倫相手に対しての慰謝料請求を考えていました。Cさんには子供がいるため離婚となれば養育費や財産分与のことも検討しなくてはなりません。

Cさんからの正式依頼を受けて夫と交渉した結果、当初の要求額からは減額となりましたが相当額の養育費、財産分与、慰謝料を支払ってもらう条件で合意して離婚にいたりました。

また、不倫相手からも分割で慰謝料を払ってもらうことで合意。どちらも公正証書を作成し未払い対策を行いました。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

ブレイブハート法律事務所

伊藤勇人弁護士プロフィール

立命館大学大学院卒業。司法試験合格後、2009年年弁護士登録。名古屋第一法律事務所のパートナー弁護士を経て、現在は名古屋ブレイブハート法律事務所代表弁護士。愛知県弁護士会所属。

伊藤勇人弁護士(ブレイブハート法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内1-14-24
ライオンズビル第2丸の内204
アクセス 地下鉄国際センター駅・丸の内駅 徒歩5分
業務時間 平日/9時00分~18時00分
土曜/9時00分~15時00分(電話対応)
ホームページ http://rikonweb.com/

※離婚問題に強いブレイブハート法律事務所は、納得のいく条件で別れることができるような、離婚の手続きや、慰謝料、親権、養育費、財産分与といった様々な条件についての交渉を手助けしてくれます。

ページの先頭へ