名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

債務整理に関する事例

ここでは債務整理にはどのような種類があるのかを解説。また簡単な事例についても紹介しています。

債務整理の方法と種類

債務整理とは借金を整理して金利などの負担から解放されるための方法の総称のことです。債務整理の方法には以下のような種類があります。

任意整理

任意整理とは裁判所を通さずに、債権者と話し合いによる交渉によって借金の返済額や弁済方法について見直し和解する方法です。

個人が交渉しようとしても応じてもらえないケースが多く、応じてもらえても債権者有利になりがちなため、弁護士などの専門家が代わって行うのが一般的です。

利息制限法に基づいて利息の再計算を行なったり長期分割などの交渉をした結果、借入総額を減らすことができたり、毎月の返済総額10万円が5万円になるといった事例があります。

個人再生

裁判所に申立てをして民事再生法による再生手続を行うもので、借金の一部を免除してもらい、残りの債務を原則として3年で分割返済するという制度です。

これを行うには住宅ローンを除き借金の総額が5,000万円を超えていないこと、給与所得など継続した収入が見込まれるなどの要件がありますが、任意整理とは違って債権者に対し強制力があります。

借金が450万円あり毎月の返済額が10万円を超えていて返済が難しい状況にある方が個人再生の申立てをして債務を100万円まで減額。毎月2万8,000円を3年間返済し続けて借金が免除になったという事例があります。

自己破産

収入が無く任意整理や個人再生などの方法でも返済することが不可能になった場合に選択する最終手段で、裁判所へ破産を申し立てて免責を受け借金を免除してもらう方法です。

強制的に財産を金銭にかえて全債権者に公平に分配することになりますので、財産はすべて無くなりますが借金も無くなります。

離婚後、子どもと2人で生活するようになった女性に養育費が支払われず生活困難になって300万円を借金。返済に行き詰まって自己破産を申し立てた結果、書面審査のみで免責決定を受けることができたという事例があります。

過払い金請求

過払い金とは本来支払う必要がないにもかかわらず貸金業者に支払い過ぎたお金のことを言います。貸金業者が定める利率(出資法の上限利息)と利息制限法の上限利率の差が過払い金というわけです。

現在の法律では利息制限法の上限利率を超えた利息分は支払わなくてもよいため、過去に支払い過ぎた金利の返還を求めることができるようになりました。これを過払い金請求と言います。

過払い金請求は任意整理の段階に行われることも多く、貸金業者からの借金がゼロになったり、戻ってきた過払い金を他の債務の返済に充てるといった事例があります。

以上のように債務整理の方法には様々ありますが、さらに具体的な事例について紹介していますので、気になる方は是非参考にしていただければ幸いです。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

アーク法律事務所

鬼頭洋行弁護士プロフィール

法政大学法学部卒業。2002年司法試験合格後、松田共同法律事務所勤務、日南ひまわり基金法律事務所所長を経て、2008年アーク法律事務所開設。丁寧で分かりやすい説明をモットーに、個人のトラブルから企業法務まで幅広い分野での実績がある。愛知県弁護士会所属。

鬼頭洋行弁護士(アーク法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 徒歩約1分
業務時間 平日/10時00分~20時00分
土日/10時00分~16時30分
ホームページ http://www.ark-law.com/

※任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求といった個人の債務整理に関する事例の解決実績が豊富で、アーク法律事務所の公式ホームページでは手続きの流れから、利用者から寄せられた質問への回答などの役立つ情報も記載されています。

ページの先頭へ