名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例

債権回収

ここでは名古屋の弁護士が解決した債権回収に関する事例について紹介しています。

名古屋の債権回収に関する解決事例

賃金、売掛金、慰謝料、養育費などの支払い義務がある人(債務者)が払わないという場合、弁護士に依頼することは問題解決への近道となります。

訴訟により請負代金をすべて回収

内装業者のY社は元請業者から依頼されて工事を行なったものの、請負代金400万円を全く支払ってもらえないため相談に見えられました。

直ちに内容証明を送って交渉を開始しましたが、元請会社に発注した会社が倒産してしまったらしく全額は支払えないとの回答。調停や支払督促ではすぐに解決しそうもなかったため、請負代金請求の訴えの提起をしました。

その結果、裁判所から請求を認める判決が出て、その後に元請業者から400万円の入金があったため無事に解決することができました。

飲食店の家賃滞納分の全額を回収

名古屋市内で事業用建物の賃貸業を営むC社から、家賃滞納で困っているので解決できないかという相談を受けました。飲食店が借りている店舗物件の支払いが滞っていて総額200万円ほどになるというものでした。

正式に依頼を受けたため、早速賃借人に対して賃貸借契約の解除を通知。さらに連帯保証人に対して滞納賃料を請求しました。

相手はすぐに支払いに応じることが無かったため、滞納賃料請求に関する訴訟を提起。その結果、建物明渡しと分割による滞納賃料支払いをする旨の和解が成立しました。

ところが翌年に和解調書どおりの分割支払がされなかったため、連帯保証人の財産を差し押さえる申立てをして、滞納賃料の全額回収をすることができました。

不動産を強制売買にかけ売掛金全額を回収

健康医療器具の製造・販売をするA社は、不況の煽りを受けて資金繰りが悪化したエステ会社の売掛金未回収に困って相談にいらっしゃいました。

エステ会社には未回収の売掛金が約1,000万円あり、A社から何度も催促を行ってきましたが一向に支払いをしてもらえず、噂によれば他の取引先に対しても支払いをしていないという話でした。

そこでまずエステ会社が所有している資産を調査して、仮処分をかけてから裁判を行なうことにしました。その結果、相手先の所有している不動産を強制売買にかけ、その中から未回収金1,000万円を全額回収することに成功しました。

ピックアップ!法律事務所・弁護士

アーク法律事務所

鬼頭洋行弁護士プロフィール

法政大学法学部卒業。2002年司法試験合格後、松田共同法律事務所勤務、日南ひまわり基金法律事務所所長を経て、2008年アーク法律事務所開設。丁寧で分かりやすい説明をモットーに、個人のトラブルから企業法務まで幅広い分野での実績がある。愛知県弁護士会所属。

鬼頭洋行弁護士(アーク法律事務所)
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 徒歩約1分
業務時間 平日/10時00分~20時00分
土日/10時00分~16時30分
ホームページ http://www.ark-law.com/

※法人からの依頼で企業活動のサポートを行っているアーク法律事務所。債権回収においては内容証明や支払督促、差押え、交渉、本訴、競売といった手続き業務をサポートしてくれます。

ページの先頭へ