名古屋の弁護士が監修!法律相談の基礎知識と解決事例
弁護士の解決事例集【名古屋編】 » 【法人編】弁護士が解決した名古屋の法律相談事例

【法人編】弁護士が解決した名古屋の法律相談事例

ここでは名古屋の弁護士が受けた法人の法律相談の内容や解決事例について紹介しています。

名古屋の弁護士が解決した法律相談事例【法人編】

法人はその企業活動のあらゆる場面で法律問題と密接に関わっています。契約書の作成から労働問題、企業間のトラブル・紛争解決まで弁護士の力が必要とされるケースは様々あります。

あらゆるケースが想定されますのですべてを挙げるのは難しいですが、中でも特に相談件数が多い項目をまとめると以下のようになります。

企業法務

企業の事業活動に関わる法律上の業務の総称のことです。企業法務の仕事は経営上の重要な役割を担いますので、法律事務所が顧問を担当する場合にはその会社の業種について精通していることが必要になります。

労働問題

企業と労働者に起こるすべてのトラブルのことで、解雇や残業代不払い、パワハラ・セクハラ、懲戒処分、労働条件、労災等、様々なものがあります。紛争の際は代理人として弁護士を立てると交渉がスムーズにいきます。

債権回収

売掛金などの未回収や取引先の入金遅れといったトラブルのことです。債権回収の問題は自分たちだけで解決しようとすると話がこじれたり本業に支障が出ることもあります。弁護士であれば法的知識を持って代理人として対応するので安心です。

知的財産

知的財産とは特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など人間の創造物に関する権利のことです。これらは法令により定められ利益は法律上保護されています。自社の知的財産を侵害された場合、または他社から知的財産の侵害を警告された場合に弁護士に相談できます。

法人破産

法人破産とは様々な理由でこれ以上経営を続けていくことが難しい状態の企業を法律に従って処理する手続きのことです。これを行う弁護士は単に手続きを進めるだけでなく、従業員や取引先、金融機関への対応など様々な知識と経験が必要になります。

以上のような法人に関わる相談の具体的な解決事例について、さらに詳細に紹介しています。これから会社の法律問題を弁護士に依頼したいと考えている方は是非参考にしていただければ幸いです。

ページの先頭へ